お知らせ

コロナワクチンの交互接種が可能になりました

区役所から下記のような通達がありました。

同一の者には、同一のワクチンを使用することが原則ですが 、ワクチンの接種を受けた後に重篤な副反応を呈したことがある場合や「必要がある場合」には 、1回目と異なるワクチンを2回目に接種することが可能となりました。注意点は以下のとおりです。

・「必要がある場合」について

※ワクチンの国内の流通の減少や転居等により、接種対象者が1回目と同じワクチンの接種を受けることが困難である場合。

※医師が医学的見地から、接種対象者が1回目と同じワクチンの接種を受けることが困難であると判断した場合。

・接種間隔
  交互接種をする場合においては、1回目の接種から 27 日以上の間隔をおいて2回目の接種を実施 。
前後に他の予防接種を行う場合においては、原則として13日以上の間隔をおくこと、他の予防接種を同時には不可。
交互接種のご希望の方は、まず区にお問い合わせいただきますようお願いします。